構造体のイニシャライザ

Swiftの構造体のイニシャライザを使ったサンプルコードを作成してみました

イニシャライザとは構造体のインスタンス生成時に動作する関数で

関数名は「init」です。

またイニシャライザはオーバーロードにより複数用意できます。

以下では構造体を3つ作成しています。

test1, test2はイニシャライザなしです。

上記の構造体のインスタンス生成したものが以下になります。

構造体test1ではイニシャライザがない為、a,b,cの初期値を指定しないとエラーになります。

構造体test2ではプロパティ宣言部に初期値がある為、()のみで呼び出し可能です。

構造体test3ではイニシャライザが3つあり、引数の数で呼ばれるイニシャライザが異なります。