hiramatch's blog

iOSアプリ開発に目覚め、毎日勉強の日々です。

失敗のあるイニシャライザ

今回は構造体の失敗のあるイニシャライザのサンプルを作成しました。
イニシャライザはインスタンス生成時に実施される関数で、通常は構造体のインスタンスを生成しますが、失敗のあるイニシャライザではインスタンス生成が失敗しnilを返す可能性があります。

下記のサンプルで定義した構造体test5ですが、プロパティbにマイナスを指定した場合はインスタンスが生成されず、nilを返すようにしています。


以下が構造体インスタンス生成の実行結果です。
失敗のあるイニシャライザでインスタンスを生成する時は、格納する変数がオプショナル型である必要があります。
f:id:hiramatch:20150101200036p:plain



話は変わりますが、今年はApp Storeに自作のアプリをリリースすることを目指してがんばりたいと思いますので、よろしくお願いします。