ImageViewの表示モード(Scele to Fill, Aspect Fitなど)を試してみる

今日はImgeViewの表示モードを変えた時、画像がどう変わるか確認してみました。
以下は確認に使った画像です。
(以前iPhoneで撮影したものでサイズは3264 x 2468です。)

f:id:hiramatch:20150308124603j:plain

以下は上記の画像をサイズ200 x 200の正方形のImagViewで表示させたもので
それぞれの表示モードを「Scale to Fill」「Aspect Fit」「Aspect Fill」に設定しています。
f:id:hiramatch:20150308124803p:plain


まず「Scale to Fill」ですが横長の画像を縦横の比率を変え正方形の画像で
全体表示させています。

f:id:hiramatch:20150308212727p:plain

つづいて「Aspect Fit」ですが縦横の比率をそのままに長い横を基準に全体表示させています。
f:id:hiramatch:20150308213502p:plain

最後に「Aspect Fill」ですが縦横の比率をそのままに短い縦を基準に長い横の両端が切り取られた形で表示されています。
f:id:hiramatch:20150308213529p:plain

表示モードは他にいろいろあるようですが通常は上記の3つになるのではないかと思われます。